遊休地を活用するならコインパーキング経営がおすすめ

男の人と女の人

不動産所得ではなく

貯金箱

確定申告が必要

みんなで大家さんを利用して利益が出ると、投資額に応じて分配金が支払われます。この分配金の金額は、あらかじめ税金が控除された金額、すなわち源泉徴収後の金額となっています。控除される税額は一律20パーセントであるため、翌年度に確定申告をして、払いすぎた税金の還付を受けなくてはなりません。確定申告しないと、税金の払い過ぎてしまう可能性があるので注意が必要です。利益が出た年度の翌年1月に、みんなで大家さんの運営会社から「支払調書の控え」という書類が送付されてきます。確定申告には、この書類が必要になりますので、紛失しないように保管しておきましょう。みんなで大家さんで得た利益は、所得の区分上は「不動産所得」ではなく、「雑所得」に分類されることになります。

少ない資金でも参加できる

みんなで大家さんは、それほど多額の貯金はないけれど、安全で利回りの良い不動産投資をやってみたいという人に人気です。不動産投資といえば、マンションやアパートを購入して貸出すことにより得られる家賃収入によって、利益をあげようとするものです。しかし、マンションやアパートを購入するには、多額の資金が必要となるため、誰でも簡単に参加できるものではありません。ところが、みんなで大家さんのようなたくさんの投資家が少しずつ資金を出し合って共同オーナーになる仕組みならば、少ない資金しかない人でも不動産投資に参加できるチャンスが広がります。このように、今までは興味があっても資金不足等の理由により、その機会がなかった人たちにも不動産投資に参加できるように考えられたのがみんなで大家さんなのです。